発展著しいベトナムの首都ハノイの旅行

top

画像参照:Damien Dempsey

ハノイは、ベトナムの北部に位置する首都です。
中国の唐の時代にはすでに交易の拠点として重要視されていた都市であり、
その歴史は1000年を超えるといわれています。
ハノイは争いに巻き込まれることが多く、
1960年代には有名なベトナム戦争では爆撃を受けるといった事態もありましたが、
戦後に南北統一されるとベトナム社会主義共和国の首都となり、国の政治や経済の中心地となりました。

現在は外国企業の進出が盛んで、在外外国人の数は年々増え続け、それに伴い大規模なインフラ整備、
新興住宅地の拡大、大型ショッピングセンターの建設などが急ピッチで進み、都市機能は著しい発展をみせています。

ベトナムの商業都市としては南部にあるホーチミン(旧サイゴン)が有名ですが、
ハノイは長い歴史を感じさせる古都の面影がしっかり残っていることもあって、
旅行の楽しみを大いに味わえると観光客の人気が高い街です。

ハノイ旅行のベストシーズンは、秋といわれています。

実は、ハノイはベトナムで唯一四季がある街として知られています。
南国とあって常に夏のイメージがあるベトナムですが、
ハノイは北部にあるため短いながらも冬が存在するのです。
長い夏が終わり、
10月を過ぎると気温が下がり乾燥して過ごしやすい秋となり、現地の人も観光やイベントを楽しみます。
ハノイの観光スポットとして外せないのが、ベトナムの英雄ホーチミン主席が眠るホーチミン廟周辺です。

総大理石造りのこの廟の奥には、ホーチミンの遺体がガラスの棺に安置されています。

ホーチミンが亡くなったのが1969年の9月2日、以後この命日が建国記念日と制定され、多くの市民がこの日に廟を訪れ、
彼の功績を讃えます。
また廟の近くには、ホーチミンの自宅が残されています。
お札にも描かれているこの家は、
高床式の大変素朴な建物で、彼の質素で庶民的な性格がそのまま表れているといわれています。

この他、近くにはホーチミンの遺品や革命の歩みが展示されている博物館もあり、
彼の功績やこの国の歴史を知ることができます。

古い街並みを楽しむなら、旧市街が最適です。
コロニアル風の建物の他、中国式の木造民家が保存され、
時代の変化や当時の空気を味わえると好評です。

地区内にはハノイ最大の市場ドンスアン市場があり、周辺共々早朝から活気に満ちています。

市場の中にはベトナムの美しいシルクの生地や衣料品が豊富でなおかつ安く売られており、
おみやげとしても高い人気があります。

人気格安ホテルサイト

ハワイの格安ホテルサイト | グアムの格安ホテルサイト |ソウルの格安ホテルサイト